Bedfordale House
Bedfordale House
Suzanne Hunt Architect
Photography by Robert Frith Construction by Gransden Constructions
北九州の家Ⅱ
北九州の家Ⅱ
中村聖子/横山設計室
施工/安成工務店 撮影/垂見孔士 
Medium Thin Flat Weave Rugs
Medium Thin Flat Weave Rugs
Art & Design Rugs
Ousahak Medium Thin Modern Flat Weave Rugs Origin: Bangladesh Color: Brown Where to use: Bed/Living Room, Dining Room, Kitchen, Hall Material: Wool Paint Quality: Modern Wash Quality: Excellent Size: 4'1"x5'8'' ( 120cm x 180 cm = 2.19 m2) CODE: 4244755789001
岩倉の家(IWAKURA HOUSE)
岩倉の家(IWAKURA HOUSE)
ALTS DESIGN OFFICE (アルツ デザイン オフィス)
余白のある家 本計画は京都市左京区にある閑静な住宅街の一角にある敷地で既存の建物を取り壊し、新たに新築する計画。周囲は、低層の住宅が立ち並んでいる。既存の建物も同計画と同じ三階建て住宅で、既存の3階部分からは、周囲が開け開放感のある景色を楽しむことができる敷地となっていた。この開放的な景色を楽しみ暮らすことのできる住宅を希望されたため、三階部分にリビングスペースを設ける計画とした。敷地北面には、山々が開け、南面は、低層の住宅街の奥に夏は花火が見える風景となっている。その景色を切り取るかのような開口部を設け、窓際にベンチをつくり外との空間を繋げている。北側の窓は、出窓としキッチンスペースの一部として使用できるように計画とした。キッチンやリビングスペースの一部が外と繋がり開放的で心地よい空間となっている。 また、今回のクライアントは、20代であり今後の家族構成は未定である、また、自宅でリモートワークを行うため、居住空間のどこにいても、心地よく仕事ができるスペースも確保する必要があった。このため、既存の住宅のように当初から個室をつくることはせずに、将来の暮らしにあわせ可変的に部屋をつくれるような余白がふんだんにある空間とした。1Fは土間空間となっており、2Fまでの吹き抜け空間いる。現状は、広場とした外部と繋がる土間空間となっており、友人やペット飼ったりと趣味として遊べ、リモートワークでゆったりした空間となった。将来的には個室をつくったりと暮らしに合わせさまざまに変化することができる計画となっている。敷地の条件や、クライアントの暮らしに合わせるように変化するできる建物はクライアントとともに成長しつづけ暮らしによりそう建物となった。
Residence at South Delhi
Residence at South Delhi
Untitled Design
Spa flaunting a rustic look created by Cement wash by Specialists from Pondicherry and Stone wash basin.
Huxford Bayside
Huxford Bayside
James Patrick Walters
In this master suite designed by Jim Walters, the wall-to-wall bed maximizes storage with built-in tansu-like nightstands. Grass cloth wall covering adds earthy texture to the Asian-influenced bedroom; shoji-style doors lead to the master bath.
Singapore
Tailor my experience using cookies

By continuing to browse this site or use this app, I agree the Houzz group may use cookies and similar technologies to improve its products and services, serve me relevant content and to personalise my experience. Learn more.